オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

おまけワインに文句言う輩

プロヴェット スパークリング ブリュット

Provetto Spumante Bianco Brut(

参考小売価格:657円

産地:スペイン

品種: マカベオ(ビウラ)、アイレン

購入元:リカマンショップ(楽天)

インポーター:株式会社都光

1本570円の白ワインセットに入っていたオマケのスパーリング。

注意書きに「白ワインでないとの理由での交換や返品はお受け出来かねます。予めご了承ください。」と喚起されており、過去にクレームを受けたことがありそうなので笑えます。

ご厚意でおまけをいれてくれてるのに、イチャモンつけたり、怒りの星2レビューの内容みても(こちら)なんだかお店が可哀想になってきます。

酷いときなど、ワインくじで「末等でした。最悪です」なんてのもありますし、商売の難しさを感じますね。

ターゲット外からの悪評や、品質不良ならいざしらず、「500円ワインの原価コスト」ってのを想像してもらいたいです。なーんて、偉そうに語ってる私も、似たようは発言してた過去はあります。

しかし、ワインに馴染みが低い人が「エレガント」だとか綺羅びやかな言葉を使われているテイスティングコメントを真に受けると、「高いワインと安いワイン」の味わいの差を感じにくくなるのも事実。「〇〇のロマネ・コンティ」「まるでシャンパーニュ」だとかは良い例ですね。

第3ビールがまるでビールと謳われてて、所詮紛い物って期待せずに飲むのと、言うてること違うやんけ!ってパターンといえばわかりやすいでしょうか。

プロレスの楽しみ方は人それぞれですからね。私は台本や演出も含めてワインを楽しみたいです。

本日の組み合わせ

天気な日の昼飲み

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com