イスラエル

すごいぞ、ヤルデン/シャルドネ。スタンダードな味わいが評価の分かれ目。

ヤルデン・シャルドネ/YARDEN Chardonnay

参考価格:3348円

購入価格:2640円

産地:イスラエル / ゴラン高原

品種:シャルドネ

購入元:葡萄屋

インポーター:不明(ステッカーなし)

ツイッターで、「ムルソー&モンラッシェ」のブドウを使用したワインを飲まれていた方が、大絶賛していたこの「ヤルデンのシャルドネ」。

脳内で勝手にヤルデン>>ムルソー、モンラッシェの図式が仕上がってしまっており、かなり高いハードルの中テイスティング。

「うむ。確かにすごい。」

ブラインドで、「これ、ムルソーの一級畑だよ。」って勧められると、疑いを微塵たりとも感じさせない満足感を得られます(あくまでムルソーを日常的に飲んでないレベルで。)。

二千円台で、ブルゴーニュ村名クラスに匹敵する味わいは、大抵の人を虜にするであろうコストパフォーマンスに秀でているワインだと断言できます。

ただし、対極の意見があるとすれば、「イスラエル感」を全く感じないのがマイナスになりえるポイント。

純粋に、満足できる味わいを求めるなら、当研究所一押しの「シレーニ」やら「モンテス」より高次元なポジションの「ヤルデン」。

しかし、シレーニにはシレーニ(ニュージーランド)らしさや、モンテスにはモンテス(チリ)らしさが多少なりとも感じることができますが、今回のヤルデンには「ヤルデンらしさ」(イスラエルらしさ)が全く掴めませんでした。

イスラエルのワイン自体初めて飲む分際で、偉そうに言ってしまいましたが、それほどまでに素晴らしい模造品だということ(最高の褒め言葉)。

この記事を飲みながら書いている間にも、上品に変化していくその複雑性は、フィネスを感じることができる上級ワインのそれと同じ。

具体的な例を出すと、

  • 3千円台のチリシャルドネ
  • 4千円台のカリフォルニアシャルドネ
  • 5千円台の村名ブルゴーニュ
  • 6千円台の人気生産者ACブルゴーニュ
  • ワインバーで出される一杯3千円クラス

的なポジションです。

すなわち、早飲みタイプの樽熟シャルドネの枠組みでいくと、最高ランクに匹敵。

買って後悔はしないけど、あくまで想像ができる味わいの範疇。

割安感で嬉しい買い物と言った評価です。

ホームパーティーで、ワインを振る舞う機会がある人にいろんな意味でオススメです。

ちなみに、2千円台のシャルドネでこの評価ですが、セラーには同時購入の定価5千円台ピノ・ノワールと、カベルネ・ソーヴィニヨンが眠っております。これはもう特級や格付けクラス(飲んだことないけど)なんじゃないかと勝手に妄想。待ちきれず近日中に飲んでしまいそうな予感。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント