スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ロワール地方

 ヴィルボワの赤を飲むってマインドで

ピノノワール 2018 ヴィルボワ 

Villebois Pinot Noir 2018

参考小売価格:2000円

産地:フランス・ロワール

品種: ピノ・ノワール

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

赤鬼コスパセットからの3本目は都光さん輸入の中で看板的ポジションと言っても過言ではない「ヴィルボワ」からの1本。当研究所でも過去に4本味わっておりますが、評価は上々。

安心感をもって挑んでみました。

ロワール地方のピノ・ノワールはブルゴーニュと比較して「薄くて甘い」印象があったのですが、このワインは見た目から濃いめで意表を突かれました。

香りもピノ・ノワール感は薄く、端的に言うと、ヌーボー(新酒)じゃない方のボジョレーっぽい味わい。

落ち着いた赤スグリの香りに、渋さと酸味が特徴的な複雑な味わい。

切れ味の良い辛口テイスト故に余韻は短いですが、食事とのマッチング次第でポテンシャルは上がるタイプ。

ピノ・ノワールを期待して飲むと危険ですが、ヴィルボワの赤を楽しむマインドで挑むと納得できますよ♫

本日の組み合わせ

マグロのミートソース(バジル風)(TASTY TABLE)

基本パスタはどんなワインでも合わせやすいですが、魚x赤ワインは少し冒険心が必要。

それでもソースが今回のワインと同系統だったので、違和感なくペアリング成立。

初回割引適応だとかなり満足度高いですよ↓



庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。