スペイン

獣ニュアンスが好印象、激安のロゼ泡

カヴァ アマドール ロゼ ブリュット NV

CAVA AMADOR ROSE BRUT

参考価格:1100円

購入価格:643円(セット購入)

産地:スペイン/ペネデス

品種: トレパット

購入元:セラー専科

インポーター:株式会社都光

カヴァ アマドール ロゼ ブリュット

ロゼのカバ(スペインのシャンパーニュ製法で作られるスパークリングワイン)って何の品種つかってたっけ?

と自問自答しながら飲み始めましたが、血液を連想させる獣感を持ち合わせており、フランスで言うところのローヌ赤に似た印象を受けました。

スペインのシラーは印象低いし、ガルナッチャ(グルナッシュ)かなぁなんて予測を立てておりましたが、答えは「トレパット」。

ちなみに、2020年のソムリエ教本によれば、トレパットはスペインの黒葡萄の中でも栽培面積18位とマイナー中のマイナー品種。意外とシラーでも黒葡萄の中で6位なので、国際品種ツヨシといったところか。

このアマドールは、以前ロゼじゃない方を飲んだ時、好印象からの落胆があったので、あまり期待しておりませんでしたが、やはりファーストインパクトは上々。

冒頭でも述べましたが、獣ニュアンスがあり、とても千円以下とは思えない奥行きを楽しませてくれます。

後味でイチゴやザクロなんかの風味が出てきており、適度な果汁感もグッド。

時間経過とともに甘さが出てき始めますが、ベタつきや甘味料的なニュアンスがないので、許容範囲。

泡の量がもう少しあれば2千円後半と言われてもおかしくない完成度なので、そこは値段相応に収まった感じです。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:2点

「金賞受賞の激旨カヴァ!」だそうです。

アロマ:4点

複雑性:3点

余韻:3点

バランス:3点

たいがくんポイント:4点

ノーマルとロゼで品種が違うのに、味わいが似ていた事にに驚き。

総合評価:B(値段相応の味わい)

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント