オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

俗に言われる「安シャン」ってやつですね。

シャルル・ド・モンランシー レゼルヴ・ブリュット

CHAMPAGNE CHARLES DE MONRENCY RESERVE BRUT

参考小売価格:2980円

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノ・ノワール/ピノ・ムニエ/シャルドネ

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:重松貿易株式会社

去年の誕生日にケチって南アフリカのスパークリング飲んで後悔したので、今年こそはとシャンパンを選択。

ういうきワインさんの「ラグジュアリーシャンパーニュ6980円3本セット」で購入していたので、実際の購入価格は普段飲みランクからちょっと頑張ったレベルなのですが、ラベルのデザインが洗礼されていて、雰囲気良く感じておりました。

結論から言うと、俗に呼ばれている「安シャン」とか「カスしゃん」って言葉がしっくり来てしまいました。

直近で凄まじいスパークリングに出会っていたこともあり、余計にそう思わせた可能性もありますが、飲んでいてテンションが上ってきません。

ましてや誕生日として気持ちを高ぶらせてしまっていた精神状態も関係しているでしょう。

泡の量こそ満足できるレベルでしたが、香り立ち、膨らみ、複雑性はシャンパンと呼ぶには物足りなさが否めません。

翌朝少し残して飲み直しましたが、オロナミンCの模倣ドリンクを彷彿させる味わいで、逆に笑えました。

あくまで飲むタイミングと気分が作用していますし、一般庶民ならシャンパンなら何でも旨いって感じなきゃですが、来年からはもっと気合い入れたの開ける予定です。

本日の組み合わせ

地元老舗洋食屋さんのデリバリーでピザ、マグロのカルパッチョ、デミグラチキンカツ

組み合わせ的には無難ですが、マリアージュとは程遠いペアリングでした。

料理とワインのランクは合わさなきゃですね!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインはFランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com