オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

ピノ・ドーニスってブドウ品種

セザール ド ヴァンドーム 2021

CESAR DE VENDOME 2021

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:フランス・ロワール地方

品種: ピノドニス(ピノ・ドーニス)

購入元:リカオー

インポーター:株式会社ルミノ・ヴィーノ

リカオーさんのロワールフェアーでゲットした珍しいブドウ品種。

ラベルをみると「ピノ・ドーニス」って書かれているのですが、グーグルのサジェスチョンだと「ピノドニス」が多数派みたい。

そして、検索上位に庶民のワイン研究所が数年前にアップしたテイスティング日記が上がるぐらいマイナーなブドウ品種みたいです。

変わった味、出会ったこと無い味に喜びを感じるべく、同じロワールのカベルネダンジュと飲み比べしてみました。

色調はオレンジ。黒ブドウなのでオレンジワインということではないですが、オレンジワインって言われても違和感ないですし、香りもフルーティーな白ブドウっぽい印象。

酸味爆発の酸っぱい系ワインで、しゃぶしゃぶとの相性は悪かったですが、後日ワインだけで飲むと印象が好転します。

甘さを表現する時に「だらしない」だとか「上品な甘み」だとか例えたりすることがありますが、このワインで初めて「上品な苦味」を使いたくなりました。

粉薬の苦味っぽいんですけど、引っ掛かりがないんですよ。

フルーツの種的な苦味なんですけど、癖っ毛があるのに酸味と調和してて嫌味がない。

文旦ってご存知でしょうか。その苦味に近いかもしれません。

今回はペアリングに失敗したので、推薦ペアリングのサラダチキンやシーフードパエリアと合わせたかったのが心残りです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com