オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

CHAUDRONって遠目でみるとシャンドン

ショードロン・シャンパーニュ・カルト・ブランシュ・ブリュット

Chaudron Champagne Carte Blanche Brut Chaudron

参考小売価格:3500円

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノ・ムニエ75%/シャルドネ15%/ピノ・ノワール5%

購入元:うきうきワイン(楽天)

インポーター:株式会社オーバーシーズ

うきうきワインで福袋買う予定だったのですが、「ラグジュアリーシャンパンセット」ってネーミングのセットが激安だったので購入しました。

定価3千円台のシャンパンなので、「ラグジュアリーのシャンパーニュになるかどうかは疑わしい所」ですが、一般庶民にとってはシャンパンは全部ラグジュアリーなので、そのあたりはご愛嬌。

断食前の起爆剤として飲んでみます。

冷蔵庫温度からの飲み始めでしたが、激辛口の苦味主体で好感触。

泡のきめ細やかは中の下程度ですが、持続性は高く合格ライン。

香りは弱く、味の広がりに物足りなさを感じますが、そこは腐ってもシャンパン。

飲むたびに変化する芳醇な味わいは、恍惚な気分をもたらせてくれる魔法の飲み物。

また、「CHAUDRON CHAMPAGNE」って語呂が味わいに好影響を与えてくれたので、満足度は千円スパークリング3本分に匹敵。

購入価格からすると、どえらいお買い得商品でした。

本日の組み合わせ

旨だれペッパーチキン(ナッシュ)

スパイスの効いたピリ辛チキンに、辛口シャンパンの苦味が調和。

膨らみや広がりは無いものの無難な組み合わせとして成功。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

↓ワインに合わせやすい宅食、安い。



ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com