スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ドイツ

断食前に高ワインをあけまくるぞ。

シュロス プロシュヴィッツ グラウブルグンダー トロッケン マイセン 2018

Meissen Grauburgunder Trocken VDP.ORTSWEIN

参考小売価格:5000円

産地:ドイツ・ザクセン

品種: グラウブルグンダー ( ピノ グリ)

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:都光

6月に購入していた福袋からの高級ワイン。

最近糖質過多による意識力の低下が著しいので、断食を決意。その為、ストックしてある高いワインをできるだけ飲み貯めていどもうと思った次第です。

ピノ・グリは月に1本ぐらいしか買いませんが、ドイツのピノ・グリとなると今回が初めて。ましてや3千円以上なんて未知の領域。期待感たっぷりで挑んでみました。

飲み初めの温度はやや冷え気味の6度スタート。苦味主体でニュートラルな味わいが印象的でしたが、温度が温まるに連れ本領発揮。

白花の心地よい香りに分厚い果実味。決して大衆受けするわかりやすいワインではないですが、普段3千円以上のワインがデフォの層には食事とともに楽しむワインとして重宝されそうな位置づけ。

自分では買えない、買おうと思わないワインに出会えるのは福袋の醍醐味ですね!

本日の組み合わせ

Lay’s(レイズ), サワークリーム & オニオン ポテトチップス

ポテチの塩辛さと甘みを抑えたワインの苦味が完全に調和。かなり高次元の組み合わせとなっております。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。