オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/南部

こんなモンプルが飲みたかった!

チェルッリ・スピノッツィ モンテプルチアーノ・ダブルッツォ D.O.C.

CERULLI SPINOZZI Montepulciano d’Abruzzo D.O.C.

参考小売価格:2100円

産地:イタリア・アブルッツォ州

品種: モンテプルチアーノ

購入元:ワインショップ美味しいイタリア(ディヴィーノ)楽天

インポーター:ディヴィーノ

現在ツイッター上で大盛りあがりをみせている「第六回#ニューワイン会」ですが、第4回の輸入業者兼販売店である「ディヴィーノ」さんから購入していた1本。

販売されているラインナップの中から安いのを順番に選んでたどり着いたワインなのですが、普段南イタリアのワインは千円台前半しか馴染みがないので、貴族のワインを飲む時のテンションで抜栓しました。

外観は先行イメージそのままの濃くて力強い色合い。しかし、香りの強さはグラスに鼻を突っ込んでキャッチできるレベルで、コンポート果実の甘めな第一印象。

そんな甘ったるい香りが、嫌な予感を漂わせていましたが、飲んでみると「フワッと」した口当たりの優しい調和されたバランスで印象は180度好転。

空気のように飲めるのに、余韻が長い「貴族系ワイン」の風格さえも感じます。

普段南イタリアの濃いワインはグラス1杯で飽きてしまうのですが、今回はグラス2杯飲むのに10分もかからない中毒性があり、飲みすぎてしまいそうになるやつですよ。

※前日抜栓で放置していたので、実質二日目の感想です※

本日の組み合わせ

断食前のマインドフルネステイスティング

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインはSランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com