オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

スコッチ風味のシャルドネ?

ジェイコブス・クリーク ダブル・バレル シャルドネ

Jacob’s Creek Double Barrel Chardonnay

参考小売価格:2135円

産地:オーストラリア

品種: シャルドネ

購入元:アマゾン

インポーター:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

アマゾンの新生活セールで購入していたジェイコブス・クリークの上位レンジ。

スコッチの樽で熟成したワインと、ワイン用のフレンチオークで熟成したワインをブレンドしたと聞こえの良い製法で、期待値は高まります。

無性に樽ドネが飲みたくなったタイミングであけてみました。

色調は薄め。もっと濃いものを身構えていましたが、香りは強いです。

バニラやバターの風味を期待しておりましたが、意外と柑橘要素が主役。

飲んでみると予想を反する辛口で、酸味が攻撃的。

思っていたのとは違っておりましたが、スモーキーな風味をかすかに感じさせる複雑な要素は、上位レンジならではでしょう。

ただ、セールと定期便駆使して購入していたので、千円台前半で買えて勝ち組と思っていましたが、調べてみると通常2135円で買値が1633円。

これは負け組かもしれません。

1500円を超えてくると比較対象は鬼コスパセット(3千円ワイン)になります。

千円前後で買える無印ジェイコブス・クリークは対抗馬が少ないので評価高いですが、定価2千円になってくると文言勝負(このワインで言うところのウイスキー樽云々)になってきますからね。

そういった意味で、このワインに求めていたのはスコッチを「強く」感じさせる要素。

よくよく説明文を深く読むと「スコッチ樽とスコッチ樽を使ったワインのブレンド」なので、その比率が1対9とかだったら、そりゃスコッチ感じないですよねって。

とはいえ2千円シャルドネとしては平均的なワインだったので、過度に期待せずに飲む分には満足できるでしょう。

購入リンク アマゾン 楽天

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Dランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com