オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

甘口ロゼワイン革命

カベルネ ダンジュ レ ロシェル

Cabernet d’Anjou

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:フランス・ロワール地方

品種: カベルネ・ソーヴィニヨン&カベルネ・フラン

購入元:リカオー(店頭)

インポーター:株式会社ルミノヴィーノ

リカオーさんの店頭で購入したセールワイン。

カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランから甘い味って想像しにくいですよね〜。てっきり辛口と思って購入しちゃいましたが、ロゼのAOCであるカベルネダンジュはそもそも甘めみたいですね。

甘いジュースではないことを祈って飲んでみました。

香りはキリッとしたさくらんぼで、辛口っぽいですが飲むとしっかり甘いですね。

食中ワインとして購入していたので、第一印象は落胆しましたが、ダメ元でしゃぶしゃぶと合わせてみると意外とマッチしてます。

ゴマダレの時にいい仕事するんですよね。完璧なマリアージュではありませんが、無難なレベルで旨味と甘みが調和して相乗していきます。

同時に辛口のロゼ(ピノドニス)も飲み比べしておりましたが、こちらの方が3倍の消費するスピードが早かったです。

後日、夕方飲み直してみても、「むっちゃ旨い」って唸るレベル。砂糖的な甘さではなく、果実由来の心地よい甘さなので果物たべてるみたいな気持ちになれます。

甘口ロゼワイン、今まで飲まず嫌いしておりましたが、あえて手に取ってみようと思います。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。