オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

欠点が見当たらない?

ソミュール ブラン ドメーヌ ド ラ セニューリー デ トゥーレル 2021

Domaine de la Seigneurie des Tourelles

参考小売価格:1320円

産地:ロワール・トゥレーヌ・ソミュール

品種: シュナン・ブラン

購入元:(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

タカムラワインハウスさんの旨安セットからの1本。

ラインナップされている中でも存在感の高いポジションで、旨安大賞にも選ばれています。

セット内で「旨安賞」と「旨安大賞」を比べてみましたが、大賞のほうが頭2つぐらい抜けているので、そういった意味でも間違いのないワインでしょう。

日常の晩酌で登板させてみました。

温度は8度から飲み始めましたが、香りはしっかり目。

ソーヴィニヨン・ブランと思い込みながら飲みましたが、一口目からシュナン・ブランと理解できるハチミツ要素。

濃密でボディの厚みがあり、一口目から余韻までの流れが完璧です。

酸味と甘味のバランスも程よく、適度な複雑性(雑味)が一般的な安ワインとは別次元。

ただ濃いだけじゃなく、ミネラルや苦味がアクセントとなっていて食中ワインにピッタリ。

元々ロワールワイン教の信者ですし、ロワールなら何でも美味しいと感じがちなのですが、このワインは本物。

2千円超えるは言い過ぎかもしれませんが、販売価格みて度肝抜きました。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com