スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
庶民の晩酌

新カテゴリー【庶民の晩酌】始動

毎日何年もブログ更新していると、マンネリ化は避けられません。

ましてや、note、Kindle、Podcast、と各プラットフォームでネタを分配していると、ブログへの注力がおろそかになってしまってました。

そこで、負担にならたい程度で何か新しい事を考えていたのが今回の企画。

今までは「本日の組み合わせ」と称して、ただ写真アップしていただけでしたが、再現性と具体的な感想も深堀りしていき、点数をつけることで、「至高の晩酌」にたどり着けるのではないかと期待してます。

評価基準は以下の5つ

1 時短 

貧乏暇なしとはよく言ったもので、いかに時短で調理できたかを評価します。

2 手間

食材の調達方法から、洗い物の多さなどを考慮した手間も考えなくてはいけません

3 健康

手軽に時短でやると不健康な料理になりがち。栄養バランスやカロリーなどを考慮し、健康とされる食材にもチャレンジ。安さとトレードオフだったりします。

4 価格

ワイン(グラス3杯)と料理込みで一人前1000円以下を目指します。価格を押さえれば抑えるほど不健康な食事になりがちなので、その当たり工夫していきます。

5 相性

料理とワインの相性で弱点を補い合ったり、美味しさを高め合ったり、料理の味だったりをジャッジ。基本は箱ワインで組み合わせますよ!

総合点

各20点満点なので、総合点が100点に近いほど、安くて、美味しくて、手軽で、健康的で、ワインとの相性も良い「庶民の晩酌」が成立します。

もちろんレシピから調理方法まで全てメモっていきますので、参考になるかも。

しかし、あくまで料理素人が始める「ワインと料理の組み合わせ」。成長過程をドキュメンタリーとして楽しんでください。

さて、明日の晩酌は、、、

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。