スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
庶民の晩酌

たらこスパゲティに南仏白ワイン

ワインと相性が良い炭水化物といえばバゲットをはじめとしたパンですが、ワインの味を高めるといった意味では役不足。パンはあくまで付け合わせとしての意味合いが強いです。

すなわち、ワインと料理の組み合わせを手軽に楽しめる炭水化物の代表格は「パスタ」で異論はないでしょう。

今回はそんなパスタですが、比較的合わせるワインが難しそうな「たらこ」にチャレンジしてみました。

材料

  • パスタ100グラム
  • たらこ1パック
  • 大葉2枚
  • 海苔2枚
  • 塩3グラム
  • 胡椒3カリカリ
  • バター5グラム
  • めんつゆ大さじ1杯

手順は簡単。パスタを茹でてその他の材料をまでるだけでという時短料理。

所要時間10分に作り置きしていたザワークラウトを添えて完成です。

今回合わせたワインはラングドックの自然派箱ワイン

マス・ド・ジャニーニ・ブラン マス・ド・ジャニーニ 

分厚い味の白ワインなので、過度なマリアージュは期待せず、邪魔しなければ良いや程度で合わせてみました。

結果は最後に多少生臭さは出てくるものの、お互い邪魔することなく楽しめます。

むしろワインが食欲を掻き立ててくれるので、「合う」といってもいいかも。

ポイントはマヨネーズとバター。まぁ、このワイン自体がなんでも合わせやすそうな守備範囲をもっているので、難しそうな料理にはもってこいなんですけどね。

庶民の晩酌ポイント

時短:18点

出来合い料理を20点満点と考えるとそれよりは劣る。

手間:18点

洗い物も少なく、調理器具も洗いやすい食材ですぐに片付けも可能。

健康:5点

炭水化物爆弾、中程度のGI値、タンパク質もスコア低く、野菜も少なめ。着色料と添加物を悪とするなら体に悪そうな気がします。

価格:18点

パスタが約350円、ザワークラウトが10円、ワインが500mlで730円

千円超えましたが許容範囲でしょう。

相性:10点

可もなく、不可もなくですが、たらこに合わせれるワインは少ないと思うので、マシな方かと。

総合点:69点

栄養バランスが悪いのがネックですね。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。