スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
ドイツ

安ドイツはトラウマ経験多し。

モーゼルランド アクツェンテ ドルンフェルダー 2018

Akzente Dornfelder Mosel 2018

参考小売価格:1150円

産地:ドイツ・モーゼル

品種: ドルフェルダー

購入元:かめや

インポーター:モトックス

ワイン選びに熟れてくると、ブログ掲載ワインが絶賛ばかりになってくるジレンマがあります(ステマみたいで嫌)。

そんな理由から、あえて自分が好まないようなワインにチャレンジしようと思った次第です。

今回はモトックスさんのバレンタイン特集でチョコに合うワインって宣伝されてた1本。

ドイツワインは比較的好きなのですが、実勢千円以下だとトラウマも多し。特に、ちょい甘(実はとても甘そう)表記なんて、地雷臭プンプン。

飲んでみても想像してた味わいで、なんかワイン飲み始めの頃を思い出す懐かしい気分に浸れました。

ただ、インポーターのワイン説明ページをしっかりみてみると、推薦温度10度と記載されていたので、15度で飲んで文句言うのは全くのお門違い。

後日、10度とはいわず、冷蔵庫でキンキンに冷やしてから午前中飲むと表情が180度変化。

冷えた肉まん、温かいアイスクリーム、ワインも温度が需要。

普通に考えれば「甘めのワインは冷やしてなんぼ」なので、残念ながら今回も地雷ワインに出会うことができなかったという結論です。

庶民のワインランク(詳細

S 納得できなかったら返金しても良いぐらいオススメ

A 好みの問題はあるけど、イチオシ。

B 定価以上の満足度

C 購入価格的には満足

D 定価がもう少し安ければ納得

E 購入価格がもっと安ければ納得

F もはや値段の問題ではない

今回のワインは:Fランク (好みの問題)

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • zoom飲み会でワイワイしてる時

当研究所がテイスティングに使用している、神グラス↓旨さ爆上がりです。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。