オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
スペイン

これはSランクワインだわ(千円台前半比)。

アブリル デ アスル イ ガランサ 2018

Abril de Azul y Garanza 2018

参考小売価格:1400円

産地:スペイン・ナバーラ

品種: テンプラニーリョ 90%/カベルネ・ソーヴィニヨン 

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Abril de Azul y Garanza 2018

最近は購入単価が上がってきて(概ね2千円前後)、千円台ワインを飲む時は気持ちが前向きになりにくいのですが、このワインは一口目から「おっ」っと思わせる味わい。

予備知識を入れずあえて飲んでたので、「もしや二千円ぐらいだったかなぁ〜」なんて思えるほど、安スペインにしては毒っ毛がなく、バランスは整っています。

ダークチェリー系の果実を主軸に置きつつ、酸味主体ながらに円味のある飲みやすい味わい。

ジャンル的にはコンビニに置いてそうな大衆向けを狙っている味わいだけど、ランク的にはワンランク上と断言できます。

オンライン飲み会や映画を観ながらなど、「ながら飲み」するのにぴったりなタイプで、気づいたらボトル1本すぐに空いちゃうこと間違いなし。

千円台前半って事を考慮すると、今年の殿堂入りワイン候補としてメモリせざる得ない1本です。

ちなみに、インポーターさんの説明文を飲み終わったあと確認しましたが、ものすごく納得。

ブルゴーニュやニューワールドで幅広い経験を持つ若者たちが造る、有機栽培ブドウを使った果実味豊かで飲みやすいスタイルのワインです。

https://www.mottox.co.jp/search/detail.php?f=search&t=por&id=612511&source=simple

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Sランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • オンライン飲み会。テレビ見ながら惰性で飲む。

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。