オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ポルトガル

ルイ レグインガ インテンサス 2019

Intensus Rui Reguinga

参考小売価格:1500円ぐらい

産地:ポルトガル

品種: アラゴネス、トリンカデイラ、アリカンテ ブーシェ

購入元:近所のローカルスーパー

インポーター:木下インターナショナル株式会社

散歩がてら立ち寄った近所のスーパーで見つけた3割引ワイン。

ポルトガルワインは久々ですし、顔見知りのシニアソムリエがセレクトしていたピックアップワインだったので購入してみました。

香りの第一印象は化粧っぽく、飲んでみると過去のトラウマが蘇ってきそうな予感がしました。飲んでいると違和感なくなってくるので、編に身構えてしまってただけでしょう。

バランス的には酸味が主役。濃い味わいを引き締めてくれてるのでバランスは整っているほうですが、アルコール感を強く感じるので温暖系濃い赤ワインがNGな人は駄目なタイプ。

激安箱ワインに近い方向性ですが、食事とのペアリングでごまかさなくてもワインだけで楽しめるクオリティではあります。

定価通りの味わいはクリアしてるので割引ゲットは大勝利。

ポルトガルの安赤ワインはなんだかんだで方向性似てるので、久々でも「あーこれこれ」ってなりますね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com