オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

チリ

瓶でも売ってるのにあえて箱で買う理由

サンタ バイ サンタ カロリーナ カルメネール/プティヴェルド バッグインボックス

‎SANTA BY SANTA CAROLINA CARMENERE

参考小売価格:2000円ぐらい(3リットル)

産地:チリ

品種: カルメネール/プティベルド

購入元:アマゾン

インポーター:サントリー株式会社

アマゾンのプライム感謝祭で購入した箱ワインの定番銘柄。

以前までは「値段がさほど変わりない瓶で購入できるものを箱で買うメリットはない」なんて語っておりましたが、考えを改めました。

このワインも瓶で同じのが同じぐらいの金額で売られているのですが、「料理酒として常備する」といった意味で瓶は開栓後すぐに酸化してしまうので向いていません。

その点、一家に一箱、箱ワインを常備しておくと、ちょっとワインの風味付けないなぁってときに躊躇なく対応できます。

また、泥酔したいときの追い込みをかける時にも使え、箱ワインであることのメリットは多いです。

ちなみにこのワイン、至高のボロネーゼを作るときに使用し、そのままペアリングさせましたが、無限に飲めてしまう美味しさでドン引きしました。

しかし、昼間シラフのときに冷静になって飲み直すと、アルコールの浮いている感じがしてしまったので、「飲む場面」や「飲み方」は重要です。

プライム感謝祭後は在庫切れを起こしているほど人気のワインなので、知る人ぞ知るコスパ最強ワインですよ!

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com