フランス/アルザス地方

アルザスのピノブラン、地味に初めてかも。

W.ギッセルヴレッシュトゥ ピノブラン 2016

W. Gisselbrecht PINOT BLANC 2016

参考価格:1430円

購入価格:1300円

産地:フランス/アルザス

品種: ピノブラン

糖度:7度

購入元:ワインナビ

インポーター:重松貿易株式会社

親しみやすいネーミングながら、世界でも珍しい部類に入る「ピノブラン」。調べたところによると、「ピノ・ノワール」の突然変異の白品種らしいですよ。

主に栽培されている土地は、ドイツ、イタリア、オーストリア、アルザス。

しかし、アルザスでは指定4品種(リースリング、ミュスカ、ゲベルツトラミネル、ピノブラン)に入っていないので、アルザスでも珍しめの品種のようです。

香りの第一印象は、フルーツ香よりは、白い花系主体。石灰や貝殻てきなミネラル要素も豊富で複雑性は申し分ありません。

口に含んだ印象は「ヴィオニエ」(ローヌの白ワイン)に近い印象で、直近で飲んだワインだと、フェウド アランチョ のグリッロに似ておりました。

濃厚で苦味を感じる大人の味。酸味はやや抑えられているので、まったりと飲みたいタイプかも。

苦味が好きな人は、ワイン単体でも十二分楽しめる華やかさを持ち合わせておりますが、合わせる料理によって2皮ぐらい向けそうなポテンシャルを感じます。

購入価格1300円と考えると完全に勝利。ひとつ前に飲んだピノ・ノワールも上々の評価だったため、W.ギッセルヴレッシュトゥの評価爆上がりです。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:3点

買いやすさ:3点

売り文句:3点

インポーターさんから拝借。悪くないものの、ワインナビさんのカスタマーレビューが楽しく的確すぎて霞んで見えます。

1936年に設立されたフランス・アルザス地方にある家族経営のワイナリー。
アルザスのダンバッハ・ラ・ヴィルの最も品質の高い土壌17haを所有し、アルザスワインやクレマンはもちろん、グランクリュ・フランクシュタインやグランクリュ・ミュンヒベルクも生産しています。
3世代に渡り受け継がれ作られてきた高品質なワインは世界中のワイン愛好家に愛されています。
輝きのあるイエロー。ディスクも厚く粘性もやや強め。
レモンにほんのり、リンゴの蜜のようなニュアンスの香り。アタックは滑らか。全体的に酸味が効いて爽やかだが、アフターにミネラルのニュアンスがあります。

http://www.shigematsu.jp/search/detail.html?seq=16270108

アロマ:3点

複雑性:4点

余韻:3点

バランス:4点

たいがくんポイント:4点

総合評価:A(値段以上の味わい)

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント