オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

和食に合わせるために生まれたワイン

ジェイコブス クリーク “” スパークリング

JACOB’S CREEK“WA” Sparkling

参考小売価格:1813円税込み

産地:オーストラリア

品種: シャルドネ、ピノ・ノワール ピノ・グリージョ他

購入元:リカオー

インポーター:ペルノ・リカール・ジャパン株式会社

庶民の味方オーストラリアのジェイコブス・クリーク。

和食に合わせてチューニングされている「わ」シリーズは、「赤」「白」を試しておりますが、その謳い文句に偽りなく和食とマリアージュ成立。

しかし、泡ものは、癖を抑えてガス圧高め目ればどんな料理でもあうので、そっち方向で誤魔化してるぐらいに思ってました。

まず、色味がピンクっぽくて驚きます。

よくソムリエのコメントで見かける「黄金色」ってやつです。

すなわち、シャンパンみたいな色です。

香りも立っていて、良い意味で曲者系の味。

最近飲んでないので自信持って言えませんが、「クレマン・ダルザス」っぽく、2千円は軽く超えてきそうなクオリティはあります。

適度に落ち着いた泡の量で、ガス圧でペアリングを誤魔化してる感はなし。

しょっぱさもありますが、コクがしっかりあるので、食事と合わせなくてもリッチに飲めます。

アマプラ対応で買いやすさもグッド。

本日の組み合わせ

ブリ、タイ、カツオの刺身とマリアージュ成立。多分ピノ・グリがいい仕事してる♫

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com