スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

渾身のサントネイを味わってみる

ジャン・ド・ベルモン サントネイ ルージュ 2018

Jean de Belmont Santenay Rouge 2018

参考小売価格:4500円

産地:フランス・ブルゴーニュ・サントネイ

品種: ピノ・ノワール

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社ピナクル

昨年末に購入していた「渾身ブルゴーニュセット」からの1本。

定価4500円の村名ワインだったので大事に眠らせておりましたが、同じサントネイの熟成ワインを空けたタイミングで飲んでみました。

思考的に「高いワインはいざという時に残しておく」ではなく、「高いワインは必要な時に買う」や「高いワインは福袋で買う」ってマインドになったので、最近は躊躇なく過去に購入した高級ワイン(庶民比)を飲みまくっております。

さて、このワインの感想に移りましょう。

結論を言うと「普通にめっちゃ旨いけど、ACブルかな」って領域から突き抜ける事は有りませんでした。

口当たり優しく、果実要素が全面に主張してくるタイプ。

飲み頃はもっと後って事なんだとは思いますが、「村名」アペラシオン付いているからって格段にレベル上がるとは限らないんですよね。

特に貴族のブルゴーニュ通が良く口にする、「所詮ボーヌの端っこでしょ笑笑」なんて言葉が脳裏に浮かびます。

本日の組み合わせ

ごま香る、白身魚の味噌ダレ(ナッシュ)



我ながら完璧のマリアージュ成立。

易しめのピノ・ノワールって魚料理でもイケるんですよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

↓ワインに合わせやすい宅食、安い。



値段考えれば「渾身」って表現は妥当。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。