スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/中部

カップリング曲が好きな人にお届けする。

グアルド・デル・レのヴァレンティーナ ヴェルメンティーノ2019

Gualdo del Re Valentina

参考小売価格:2970円税込み

産地:イタリア・トスカーナ州

品種: ヴェルメンティーノ

購入元:TETSUYA WINE セレクションズ

インポーター:株式会社アルトリヴェッロ

てつみさんワインセットシリーズもはや3本目。

1本目のジンファンデルから始まり、衝撃の南仏赤ワインとSランク続きの驚異的ラインナップに度肝を抜かれてるのではないでしょうか?

しかし、意図的ではないにしろそれには理由があります。CD世代ならわかると思うのですが、A面曲、B面曲ってあるんですよね。ワインに当てはめても「キャッチャーなメジャーコード進行」的な味もあれば「箸休め的なマイナー旋律」を奏でるワインがあるということ。

もっと噛み砕いていうと、「ヴェルメンティーノ」って玄人好みかつ、理解度の難しい品種なんですよ。

最初からこのワインの感想を上げてしまうと嫌な雰囲気で始まりかねないと感じていたからです。

表面だけ切り取ると、広い守備範囲で飲みやすいワインってなるんですけど、本質を理解するには経験値が必要な小難しさがあります。

ゆっくり時間をかけて飲めば味わい深くもなってくるんですが、第一印象のままガバ飲みしてしまうと誤解されかねないので、紹介者がそばにいて説明が必要なタイプのワイン。

すなわち、「庶民のワイン」ってスタンスで表面上をジャッジすると、税込み3千円クラスとしてはストーリー性や希少価値でもう少し説得力がほしい所。↓を改めて読み直すと浄化できるので、そういった意味でも味わいだけじゃちょっと弱いかなって。

僕が日本人の好みに合うと考える潮み(塩味)を感じる「ヴェルメンティーノ」の白ワインです。かといってしょっぱいとか塩辛いということではなく、ヴェルメンティーノの潜在的なミネラル分かと判断しています。グアルド・デル・レのヴァレンティーナ 2019年は滑らかで上質な口当たりと優雅な味わいがあります。家庭料理に合わせやすい優しいテクスチャーが素晴らしいと思います。香りも魅力的で南国のフルーツバスケットのような甘い香りが華やかに立ち上がります。かなり稀ですが上質な白ワインからは 白桃 のアロマを素直に感じます。この香りを感じたら買いですよ。心地よい美味しさに加え、余韻に残る塩味を感じるミネラル感、もうこれしかないでしょう。豚肉と相性が良く、温野菜ともスムースにペアリングできる希少なヴェルメンティーノだと思います。肉料理や魚料理に、サンドイッチにパスタ、そしてチョコレートにまでも合わせて楽しめるフードフレンドリーな味わいです。

https://www.tws-online.jp/blog/tws-5botlles-box4/

ちなみに、「チョコレートに合うは言いすぎでしょ笑」って半信半疑でチョコボール食べながら飲んでみましたが、苦味がでることもなく普通に仕事してくれました。

本日の組み合わせ

ペペロンチーノ、クリームグラタン、味噌ダレサラダ

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。