オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

イタリア/中部

要は慣れ。これぞ安キャン♫

キャンティ イル・パッジオ ポッジョ・ボネッリ 2020

IL Paggio di Poggio Bonelli Chianti 2020

参考小売価格:980円

産地:トスカーナ州

品種: サンジョヴェーゼ主体

購入元:カルディ

インポーター:株式会社オーバーシーズ

不意にサンジョベーゼのメンテナンス(どんな味だったか確認作業)がしたくなって購入。最近は冒険心を忘れているのであえて地雷っぽい安キャンティに特攻してみました。

なぜ地雷っぽいかというと、安キャンティはほぼ地雷だからです。

900円のボルドーを買う気がしないと同じ理論と言えばわかりやすいでしょうか、多少経験が積もるとワイン愛好家が最も避けるラインなのであります。

しかし、用途としては普段箱ワインでカバーしている酔った時の追い込みワイン。

晩酌ワインをフィニッシュさせた後に飲んでみました。

香りはエレガントで高級な印象を受けます。3千円ぐらいのインパクトが有りましたが、飲んでみると典型的な安キャンティ。すっぱくて、薄くて、苦くて、渋くて、しょっぱくて、バランスが悪い味わい。

これは安ワイン者のテクニックなのですが、舌を細めてなるべく味覚の接地面積を狭めて飲むと美味しく感じます。如何に口内の滞留時間を短くするかで味わいが変わります。

間違っても口の中で転がしたり、ジュルジュルなんて味わいながら飲むと頭痛を引き起こす可能性があります。

正しい飲み方はオンライン飲み会で喋りながら飲むと美味しくいただけますよ。

本日の組み合わせ

酔った跡の追い込みワイン

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

美しく輝くガーネット色。ブルーベリー、プルーンなどの黒系果実の豊かな香りと、チェリーなどの赤系果実やスミレ、ペッパーの豊かな香り。果実味あふれるソフトな口当たり。やや辛口で風味良く、洗練されたタンニンといきいきとした酸のバランスの良い非常にフルーティなワインです。トマトソースを使った料理、ラヴィオリ、マルゲリータ・ピッツァ、白カビ系、セミハード系チーズと共に。

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/8029412100018
ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com