オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランスその他

コロンバールに期待していたいポイントとは

サンビオーズ ブラン・ド・ブラン ブリュット ビオ

SYMBIOSE Blanc de Blancs Bio

参考小売価格:?

産地:フランス

品種: コロンバール

購入元:アマゾン

インポーター:ワインキュレーション株式会社

アマゾンの自然派スパークリングセットからの1本。

アマゾン限定ブランドらしく、ワインの情報が必要最低限に抑えられています。

生産者情報を読む方では無いのですが、見せかけでも生産者写真あると安心するんですよね。その分、販売コストを抑えていると考えればこれぐらい簡素でも問題ないんですけど。

さて、品種はコロンバール。安ワインといえばコロンバールと思えるほど安泡への導入率は高い品種。シャルドネ表示で「なんじゃこれ」っとなるよりは全然OK。

寧ろ、コロンバールだから仕方ないなんて感情も芽生えますが、この「仕方ない」と期待していない要素は何なのかと言いますと、味わいの立体感だったりボリュームだったりします。

このワインもスッキリフルーツジュースタイプ。青リンゴ爆発でほんのり甘いレモンの風味。初動のガス圧はしっかり感じましたが、2時間後にはカッスカスになっています。

果実由来の甘さなのでネガティブな要素はありませんでしたが、野球見ながら飲んで1本飲み切るのに2時間以上かかっているのはお察しということ。

消費スピードは正直ですからね。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインはCランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com