オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

オーストラリア

スパークリングは冷やして飲むのだの罠

スパークリング シラーズ カベルネ グラント バージ

Sparkling Shiraz Cabernet

参考小売価格:4180円

産地:南オーストラリア州

品種: シラーズ、カベルネソーヴィニヨン

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

赤のスパークリングに特化したワインセットに入っていた定価4千円を超える高いワイン。

初日は寝る前の締め泡として飲みましたが、歯磨き後に飲んでしまったため「エグくて、渋くて苦い」とんでもない味に感じてしまいました。

寝るつもりからのもう一杯にするにはとても勿体ない飲み方だと反省し、翌日気合を入れて飲み直してみます。

色調濃いめ。しっかりカベルネやシラーの雰囲気が出てます。冷蔵庫温度から飲み始めてるので香りは閉じた状態からスタート。

飲んでみるとしっかり渋い。笑

赤スパークリングにありがちな甘いジュース的な美味しさを求めていると「えっ」っとなりますが、上質な赤ワインのシラーズをキンキンに冷やして飲んだらどう思うのかってこと。

スパークリングなので、冷やし気味だ! という固定観念にとらわれると駄目な典型例です。温度が上がってくると多層的な美味しさがでてきます。泡の存在が普段食事と合わせにくそうな場面でも活躍の場を広げてくれますね。

脂っこいお肉料理、甘くて濃いお肉料理のときにより美味しくいただける面白いワインですよ。

本日の組み合わせ

https://twitter.com/shomin_wine/status/1776925906826911942

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク (24年3月より基準改定

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com