オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ポルトガル

3年ぶりのバーチャルワイン会

ヴァルカトイリーナ・バイ・サントス・リマ ロゼ

Valcatrina by Santos Lima Rosé

参考小売価格:877円

産地:ポルトガル

品種: トウリガ・ナシオナル、シラー

購入元:カルディ

インポーター:株式会社オーバーシーズ

約3年ぶりに開催された「#バーチャルワイン会」

Twitter内で同じワインを飲んでつぶやくという、安ワイン道場さん主宰のオンラインイベント。当研究所は初回から全て参加させてもらってますが、第一回の日付を確認すると約4年前。

初回と第2回がファミマワイン。第3回がイオンワインと全国店頭で買えるワインがテーマとなっていました。第4回に至ってはロゼなら何でもOKという緩い縛りで各々のセレクトを楽しんだ記憶があります。

今回はみんな大好きカルディから千円以下のワイン。

辛口のロゼワインはお茶として楽しめますし、安ワインでも大抵美味しくいただけるポルトガル産ですし、安心のカルディブランド(オーバーシーズ)。

いけ好かないワイン痛になりきって飲んでみました。

色調は濃いめのピンク。おそらくセニエ法でしょう。大半の人は外観からストロベリー系の味わいをミスリードされるのですが、柑橘主体です。

みかん、レモンの白い部分、ナッツに塩っけを感じるミネラリーな風味。9度スタートで飲み始めましたが酸味しっかりの酸っぱい系で水っぽさはありません。

ただ薬品臭がしますね。ケミカルな匂いというよりは、ワンコインワインにありがちなビニールっぽいやつ。温度が上がってくると消えますが、逆に酸味の引き締まりがなくなるのでベストな温度帯はどっちを取るかのトレードオフ。

個人的には極限までキンキンに冷やして(冷蔵庫温度)全要素をマスクすると思考停止で一気飲みできます。

濃い味付けの料理と合わせるとネガティブな要素が完全に消えるので、ワインとして楽しむなら食中推薦。

絶賛コメントばかりじゃつまらないと思い、あえて逆張りしてみました。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ストロベリー、ラズベリー、桃を想わせる香り。白い花やミネラルのニュアンス。豊かな果実味にしっかりとした酸味が溶け込み、塩味を伴うほのかな苦味が心地良い生き生きとしたロゼワインです。

https://www.kaldi.co.jp/ec/pro/disp/1/5604424381209
ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com