オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

アメリカ

衝撃、赤いシャルドネ

ブラザーフッド ビー スパークリング ロゼ NV ニューヨーク

Brotherhood B Sparkling Rose New York

参考小売価格:3000円ぐらい

産地:ニューヨーク

品種: シャルドネ90%、ピノ・ノワール10%

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:ノルレェイク・インターナショナル株式会社

おなじみCAVE de L NAOTAKAさんで販売されている看板ワインセットの「鬼コスパ」シリーズを久々に購入。赤鬼、白鬼、MIXと3種類ありますが、MIXはそのままワイン会で使えそうなバランスの良い内容となっています。

今回購入したのは第31弾。

スパークリング1本、ロゼスパークリング1本、ロゼワイン1本、白ワイン4本、赤ワイン2本と、私好みの本数配分で非の打ち所がありません。

まずは、以前白バージョンを飲んでいて気になっていたニューヨーク産のロゼスパークリング。

定価3千円超えているので目指すはまるでシャンパーニュ。

鬼のようなコストパフォーマンスを期待して飲んでみました。

まずスパークリングで重要なガス圧は中程度。おそらく3気圧ぐらいなのでシャンパンには及びません。色調はロゼにしては濃い目。濃いピンクというよりは透過性のある赤色と表現したほうがしっくり来ます。

予備情報なしで飲み始めましたが、味わいは思いっきりシャルドネ。

バターやイーストの風味があり、見た目の赤色とギャップを感じるシャルドネなので飲んでいて好奇心をくすぐられます。

期待していたまるでシャンパーニュというよりは、カリフォルニアの樽熟成させたシャルドネをスッキリ調にして炭酸が入ったもの。

ほんのり甘く、さくらんぼやイチゴの風味も感じられ複雑性もあり、円安考慮すると定価3千円でも納得できるクオリティ。

現在単品販売でも50%セールやっているので、是非試してもらいたい1本です。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com