スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

ブラン・ド・ブランって当たり外れ激しすぎ

ルイ・ル・グラン・ブラン・ド・ブラン ドメーヌ・ピエール・ショーヴァン

Louis le Grand Prestige

参考小売価格:1870円

産地:フランス/ラングドック

品種: シャルドネ

購入元:ワインショップ ソムリエ(楽天)

インポーター:トゥエンティーワンコミュニティ

シャルドネなどの白ワイン用の品種100%で造られるワインは「ブラン・ド・ブラン」と呼ばれているのですが、「サロン」などに代表される人気の高シャンパーニュもブラン・ド・ブランなので、「ブラン・ド・ブラン」って響きに高揚感を抱いてしまうことは私だけじゃないはず。

特に今回のルイ・ル・グラン・ブラン・ド・ブランはボトルに英語で読みやすくプレステージ(威信、名声、威光、信望)なんて書かれていますので、千円台ですが期待値を高く見積もりテイスティング。

泡の量は中程度、香りは安泡にありがちな金属臭主体。飲み心地は果実味がしっかりしていながら、ドライに仕上がっているので飲み始めは好印象からスタート。

泡の持続性は短めですが、炭酸なしで飲んでもマイナス要素は少なめ。しかし、謎の説明しきれない受け付けない要素がグラス2杯目の半分で流し台行きに。

おそらく温度的な問題で、冷えてたら気づかなかったネガティヴ要素が10度ぐらいになると現れてきたんでしょう。

念のため楽天レビュアーのコメントを確認してみると、三人中二人は高評価でそのうちの一人が↓

渡してにはあいませんでした。ブランドブランとは正直思えない価格でしたが、味も到底想像つかない味です。ブランドブランを飲み慣れてる方にはオススメしません。まあそういう人は買わないと思いますが。 

https://item.rakuten.co.jp/wsommelier/2101100001084/

私もこの方も、きっと「ブラン・ド・ブラン」や「プレステージ」なんて先入観がなければもっと素直に飲めたのでしょうけど、、、以下省略。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):42点

生産地:2点

アロマ :6点

バランス :6点

余韻 :4点

複雑性:5点

買いやすさ:3点

主観:1点

総合得点:69点

庶民のマリアージュ

  • ペペロンチーノ
  • ピザポテト
  • 柿ピー
  • ハッシュドポテト

当研究所が今到着を待っている間違いのなさそうなワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。