ワイン会&高知グルメ

定期勉強会 in パロレ・エ・ムジーク

高知市の紳士淑女が集うワインバー 「パロレ・エ・ムジーク」

定例の勉強会に参加させてもらったのですが、当日のワインメモがごっそりセーブできていなく、時間も立ってしまったためほぼ記憶から抜けております。

覚えてる限りで飲んだワインをメモ。

一杯目 シェリー コロシア オロロソ

Colosia Oloroso

参考価格:3150円

産地(AOC):スペイン/アンダルシア

品種: パロミノ 100%

インポーター:モトックス

一瞬紹興酒かと思いましたが、はっきりとオロロソと分かる味わい。

はっきりと分かると言いながらも、オロロソ以外飲んだことないから「それしか知らない」てのは内緒にしときました。

それにしても、どこのワイン勉強会で一杯目から酒精強化ワイン来ますかね。笑

アルコール大好き人間としては大歓迎ですけど。

二杯目 パラモス・デ・ニカシア・ティント マキナ・イ・タブラ

Paramos de Nicasia Tinto

参考価格:2000円前後

産地(AOC):スペイン/カスティーリャ・イ・レオン

品種: ティンタ・デル・パイス 60%/ガルナッチャ 35%/マルバシア・カステリャナ 5%

インポーター:モトックス

スペイン産のヒントはもらってたので、とりあえずアルバリーニョでないことは分かった。スペインのうんまぁな白ワインて、他にアイレンぐらいしか思い浮かばないので、「アイレン!」なんてドヤってましたが、 「ティンタ・デル・パイス 60%/ガルナッチャ 35%/マルバシア・カステリャナ 5%」。難易度高すぎ。。。

三杯目 タピス ピノ・ノワール 2015

TAPIZ PINOT NOIR 2015

参考価格:?

産地(AOC):アルゼンチン

品種: ピノ・ノワール

インポーター:メモ忘れ

王道って言われて、一瞬でニューワールドのピノと分かりつつも、妙な勘ぐりを始めると、迷いだすのである。

ピノって分かっててピノを当てても面白くないので、脳内で一度先入観をリセットし、味わうとモンテプルチャーノに感じだしたんですよね。

いやー、まだまだ経験値足りなすぎっす。

四杯目 テイラー ヴィンテージ ポート 2001

Taylor’s Vintage Port 2001

参考価格:2000円ぐらいから、古くなるにつれ値段が上がる。

産地(AOC):ポルトガル/ドウロ

品種: ティンタ・バロッカ

インポーター:有限会社ウィック

ポートワインとは理解できたものの、それって「日本酒って分かりました」みたいなレベルと同じ。

ポートワインの種類が頭から全部飛んでいたので、よう復習ですわ。

まとめ

自分で買うにはハードルが高い、酒精強化ワインをこんな勉強会で試せるのは良い経験。しかし、飲んで終わりにするか、生かすかは今からの復習にかかってるのである。

まぁ、テイスティングメモ消えてるってだけで大反省もの。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント