オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

「兎会」有名ブルゴーニュ水平テイスティング

ワイン会遠征も2日目。今回は聡明な印象のらぱん🐰様が講師のACブルゴーニュ同年ヴィンテージ飲み比べ勉強会

ACブルゴーニュながら、生産者は大手メゾンに絞られていて、各生産者の小ネタから大ネタまで教えていただきました。

参加されている方も、ワイン偏差値が高く、会の雰囲気はまさに上級国民の集い。話の半分が横文字(フランス語)に聞こえてしまうほど、うなずき、メモすることしかできず涙目。

問題のワイン飲み比べですが、それぞれ個性があって、飲み比べだからこそできるメゾンの特徴がハッキリ分かりました。

庶民的な感想を述べると、

大衆向けのわかりやすいピノ 「フェブレ」「ブシャール

ポテンシャルを感じる玄人好み 「ラトゥール」 「ジャド」「 ドルーアン」

お、おぉ 「ルロワ」

そして、勉強会が終わると、思い出しただけでも興奮してしまうピノノワールシャワーが待っていました。

浴びる程飲むとはまさにこの事。

そして、次々と出てくる貴族のワイン達。

最終的にはマール片手にチェイサーでACブルゴーニュを飲み、らぱん宅はエデンと化するのです。そしてエデンの主人(旦那様)はまさに神の如く、豊富な知識とトーク力で場を盛り上げてくれます。

締めにシャンパーニュ飲みたい!なんて調子乗ってリクエストすると、

真剣に引越しを考えたくなるぐらい、大好きな御夫婦に感謝です。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。