ニュージーランド

こんなワインを探してたんだよ。「千円前半」果汁味の溢れるピノ

サザン・バンダリー ザ・スプリングス ピノ・ノワール

Southern Boundary The Springs Pinot Noir

参考価格:1674円

購入価格:1256円

産地:ニュージーランド / カンタベリー

品種: ピノ・ノワール

購入元:葡萄屋

インポーター:株式会社モトックス

庶民のワインポイント:3.12点

透明感のあるピノ・ノワール。これまさに「まるでシャンポールミュジニー(ブルゴーニュの村名)」。

まぁ、シャンポールミュジニーなんて、高級ワインを飲んだことないので、あくまで想像上の例えですが、きっと本物はすごいんだろうなぁ(遠い目)

外観が薄く、口当たりも優しいのですが、酸味と甘みがしっかりと感じられるので、バランスが綺麗。

ナチュラルな果汁感がダイレクトに伝わる味わいは、予備知識抜きで「オーガニックワイン」だと判断できるほどの実力。

冒頭で「シャンポールミュジニー」なんてワードを出しといてなんですが、キャンディ香や、独自の甘みが、「これボジョレーヌーボー?」なんて声も聞こえてきそうです。

しかし、ボジョレーヌーボーで例えるなら、少なく見積もっても3千円クラスの「まとまりの良い味わい」。

ニュージーランドの庶民派ピノ・ノワールといったら「シレーニ」が真っ先に頭によぎりますが、これからは、「サザン・バンダリー ワインズ」と「自信を持って」進めていきます。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:5点

生産地:2点

買いやすさ:3点

売り文句:5点

短い文章ながら、わかりやすい生産者情報と、的確なテイスティングコメント。

https://www.budouya.jp/products/detail.php?product_id=3446

アロマ:4点

複雑性:3点

余韻:3点

たいがくんポイント:5点

久々のピノ・ノワールだけに、贔屓めな評価かも。

総合評価:3.12点


ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント