フランス/ローヌ地方

「祝」ローヌ嫌い脱却ワイン。あっ、シラー比率低、なるほど。

シャトー・ド・セグリエス・コート・デュ・ローヌ・ルージュ

CHATEAU DE SEGRIES COTES DU RHONE ROUGE

参考価格:1500円以下

購入価格:1240円

産地:フランス/ローヌ

品種:グルナッシュ50%、シラー30%、サンソー10%、ムールヴェードル10%

購入元:酒類の総合専門店フェリシティー(楽天)

インポーター:株式会社モトックス

ローヌ嫌いというか、シラーが苦手なので、ACローヌというワードに少し抵抗があります。シラーでも、村名ローヌワイン「エルミタージュ」とか「コートロティ」は好きですが、ここは庶民のワイン研究所。

苦手な低価格レンジでも素晴らしきシラーを求めて、飲み続けていく使命があります。

そんな自分よがりな使命感と、安価シラーのトラウマを克服すべく、評価高めのワインをチョイス。

第一印象は、弱々しい香りと、刺々しいスパイシーなアタックにアンバランスさを感じ、

「はぁ~、ローヌ。。。やっぱりだめか、、、」

しかし、消毒作業(好きなワインを1日の最後に飲む)を求めてマイセラーを除くと、予習必須ワイン(貴族ワインと初めましてワイン)しかなく、気軽に開けれない状態。

諦めモードで、グラスに半分以上残した状態で、娘ちゃんとマリオパパーティーに熱中していると、

「おぉ、おおおお。」

「これが、本来のACローヌ、、、、。。」

第一印象で攻撃的に攻めてきたトゲは角が取れまろやかに変化し、タンニンが甘さと絶妙に調和。

中年女性がバッチリメイクアップ決まったような化粧っ気を感じますが、低価格レンジのワインに慣れている味覚だと、そんなテクニック的な味わいに愛嬌さえ感じます。

合わせる料理は、タレ焼き鳥や、塩胡椒の聞いたステーキなど限定的になりそうですが、単体で楽しめる力強さがあるので、千円台前半のワインとしては、大勝利。

そして、ブログ投稿のため、販売元の品種確認をして納得。

「シラー3割しか入ってないじゃん。」(ブレンド比率がわかるだけの味覚、知識、経験はなし。)

そして、シラーのトラウマは消えぬまま、探求の旅は続く。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/毎日更新のワインテイスティング日記/一般庶民のワイン好きの皆様、アル中予備軍様にお役に立てる情報を心掛けております。/上級ワインエキスパート