イタリア/北部

締め泡にピッタリの爽快系アルトアジェ。

ロータリ ブリュット

Rotari Brut

参考小売価格:2000円

産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ

品種: シャルドネ

購入元:かめや

インポーター:モトックス

Rotari Brut

モトックスさんのワイン検索でスパークリング物色してて気になった1本ですが、外食帰りの締め泡として登板させたので、小難しい事考えず先入観ゼロで飲み始めました。

泡の量は中程度より高めで、口に含んでしっかり炭酸を楽しめます。

フレッシュな果実要素が全面に主張しており、軽やかでスッキリしたかった締め飲みにピッタリのタイプ。

香りは低く、ボリュームも軽めですが、泡の量が豊富なので飲みごたえは十分に感じれます。

ラベルの雰囲気は安泡っぽかったので、

「やすそうな割にクオリティ高いなぁ」

なんて思いながら飲みましたが、調べて納得の定価2千円クラス。

生産地が、希少性を感じるスパークリングの銘醸地、イタリアの「トレンティノ=アルト・アディジェ州」なので、むしろ安く感じるぐらい。

製法は瓶内二次発酵で、品種もシャルドネ100%と、中身だけ切り取ればシャンパンと同じ。しかし、シャンパン特有の分厚さ、熟成感、バター、ナッツ、トースト的な要素はなく、飲んだ感じは全くの別物。

そして、翌朝に味覚が鋭敏の時に飲み直しましたが、泡のヘタりもなく、トータルバランスも綺麗。

同じシリーズ(ロータリ)の他ワインも買いたくなったレベルです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Bランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

飲みすぎた日の締め泡。休日の午前中。お菓子食べながら映画

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
〜ワインをより多くの人に〜GrapeJapan合同会社代表| ソムリエ協会認定講師|ワイン評論と音声メディア運営| 人と時間に縛られない田舎暮らし