スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

竜眼って名前の品種かっこええですよね。

竜眼 シャルドネ 大和葡萄酒 ハギーワイン

RYUGAN & CHARDONNAY HUGGY WINE

参考小売価格:

産地:日本、長野

品種: 竜眼、シャルドネ

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

製造元:大和葡萄酒株式会社

日本ワインは、売りどころがしっかりしていて2千円以下なら無条件で買うって決め込んでるのですが、今回購入したのは1本当たり1596円の超お買得日本ワインセット。

割引クーポンなんか使っちゃってるので、実質それ以下ゲットなのですが、前回飲んだ「つがい(甲州)」が期待値を上回る満足度だったので、今回も期待値は高め。

竜眼って品種は名前が覚えやすいわりに、出会う機会がなかったので飲んだことなかったのですが、「勝手にすっきり系」と思い込んでしまい、刺し身風料理を食べる時に開けてしまいました。

ラベルの裏を読むと「樽熟成」や「凝縮感」ってキーワードが書かれているので、事前に読んでおけばミスマッチは起こりえなかったのですが、例えるなら炭酸水飲んだつもりが、実はコーヒー牛乳だった感覚。

品種配分は明記されていませんが、「カリフォルニアのコンビニシャルドネ」や「チリの千円シャルドネ」を飲んだ時の感覚に近いです(決して悪い意味ではない)。

「おーい、竜眼さん、君はどんな味なんだい?」って探ってみても特徴を掴み切ることができなかったので、今度単一「竜眼」探してみようと思います。

本日の組み合わせ

前日の刺し身をわさび醤油で食べ始めましたが、絶望的にミスマッチだったのでマヨネーズをかけて緩和。2回戦はナスと鳥の天ぷらに出汁と生姜をかけてマリアージュ成立。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。