オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/シャンパーニュ地方

安シャンに求めるもの

フィリップ・シェレル・ブリュット・トラディション

Phillpie Cherel

参考小売価格:3600円ぐらい

産地:フランス・シャンパーニュ

品種: ピノ・ノワール、ピノ・ムニエ、シャルドネ

購入元:うきうきワイン(福袋)

インポーター:株式会社オーバーシーズ

ブラックフライデーで購入したうきうきワインさんの「超希少シャンパーニュセット」からの1本。希少かどうかはさておき、4本で1万円の破格セットだったので、飲む前から満足度は高いです。

普段シャンパンは気持ちが萎えてる時の活力剤として利用するのですが、もともとが3千円台のシャンパンなので、気軽に開けてみました。

シャンパンは通常安くても5千円ぐらいの価格なので、俗に言われる「安シャン(安いシャンパーニュ)」。

当研究所でも度々「安シャン飲むぐらいなら良さげなクレマン飲んだほうが旨い」なんて言ってますが、「シャンパン」は他にはない魅力があります。

ワイン一年生でも「シャンパンは全部うまい」なんて書いてますし、シャンパン飲んで文句言ってしまうほど味覚を甘やかしたくないですからね。

かと言って、比較対象や経験値が増えてくると「コレジャナイ感」や「おもってたんとちーがーうー」みたいなシャンパンにも出会うことはあります。

最近なんだかんだで月1本はシャンパン飲んでいるので、そろそろペース落とさなくてはなと感じた次第です。

舌が肥えてきてしまってる。。。

本日の組み合わせ

炭酸水飲むように気軽にあけてみる。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com