スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
イタリア/北部

5千円ヴァルポリチェッラを満喫する

セレーゴ アリギエーリ モンテピアッツォ 2017

MontePiazzo 2017 SEREGO ALIGHIERI 2017

参考小売価格:5200円

産地:イタリア・ヴェネト州:ヴァルポリチェッラ・クラシコ・スペリオーレDOC

品種: コルヴィーナ主体

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:日欧商事株式会社

モトックスさんイチオシのヴァルポリチェッラを飲んだ直後のタイミングでヴァルポリチェッラ比べ。

購入価格は同じぐらいなので、期待値を合わせて飲んでみました。

外観は濃厚な黒紫。アルール度数13.5%表記が軽く感じるほどの粘性は、アルコール好きからすると気分が高揚します。そんな印象からねっとりした口当たりを想像しましたが、空気のように淀みなく飲めちゃいます。

まるで特級ブルゴーニュを飲んだときのそれ。

もちろん果実感は全く違うので、同列に語ることはできませんが、定価5千円の破壊力と説得力は確かに感じます。

酸味主体のすっぱ系なので、甘いのお好きな人には「なんだこれ?」って第一印象を抱くかもですが、一本通しで飲めば印象変わること間違いなし。

突起すべき点は、アルコールの浮いた感じが全くしない所。

どちらかと言えば切れ味タイプなので、余韻が鼻孔から長く抜けることはないですが、口内に風味が残るので一口あたりのコストパフォマンスは非常に高いですよ!

バンディーナと比べても甲乙つけることができないうまうまワインでした。

本日の組み合わせ

集中してマインドフルネステイスティング。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。