・テイスティング日記

ポールクルーバー 最後は、エステートピノ・ノワール。

ポール・クルーバー エステート ピノ・ノワール 2017

PAUL CLUVER ESTATE PINOT NOIR 2017

参考価格:3000円

購入価格:6本で12060円(500円クーポン使用)

産地:南アフリカ エルギン地区

品種: ピノ・ノワール

糖度:8度

購入元:ワインブティックヴァンヴァン (楽天)

インポーター:株式会社マスダ

南アフリカの大人気ワインポールクルーバー 。その中でもシャルドネと双璧をなす評価の高さがこの「ピノ・ノワール/エステート」。

最初に飲んだ「ピノ・ノワール/ヴィレッジ」が前評判ほど感動を得られなかったので、今回は5日かけてじっくり味わいの変化を楽しみながら飲んでみました。

初日:甘めの明るい香りと味わい。甘さが果実由来の自然な甘さなので心地よい飲み心地。ストロベリーやザクロを主体とし、複雑性をあまり感じないわかりやすい好みの味わい。

二日目:タンニンが突出して、持ち味の甘さが影を潜める。香りも弱く初日で得られた好感触が消える。

3日目:二日目と全く同じ状態。初日に空気抜き(バキュバン)した事で、風味を全部飛ばしてしまったことに気づく。

4日目:予め小瓶に移していた分で飲み直す。初日と同じような印象で、果実味がしっかりと感じられるが、奥行きや複雑性は低い。

5日目:酸味が低くなり、円みを感じられる一方で、悪く言えばだらしなさを感じる。

総括:窒素注入してない状態のバキュバンは、酸化を遅らせるメリットより、風味を無くしてしまうデメリットの方が大きい。今回きちんと経年変化を楽しめなかった分、来年のヴィンテージで飲み直し予定。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

価格:3点

生産地:3点

買いやすさ:5点

割高ですが、アマゾンプライムで送料込み

売り文句:3点

インポーターさんから引用、ノーコメントで。

美しいガーネット色。土っぽいアーモンド、クランベリー、ラズベリーなどの香り。柔らかい酸味、細やかな渋み、程よくしっかりしたボディ、なめらかな味わい。余韻は長い。クラシックとニューワールドの中間的なピノノワール

https://southafricawine.jp/?mode=cate&csid=0&cbid=2018261&sort=p

アロマ:3点

複雑性:3点

余韻:3点

バランス:3点

たいがくんポイント:3点

良いか、悪いかで問われると問題なく「良い」で答えますが、参考価格3千円を考慮すると、個性を感じにくいので庶民の贅沢ワインには相応しくないタイプ。普段飲みの価格帯が2千円以上の人向けのデイリーワインポジション的な位置付けかと。

総合評価:B(値段相応の味わい)

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:井原大賀(36)/年間ワイン消費50万ml以上の狂信者/ブラインドテイスティング日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/毎日更新のテイスティング日記/毎週配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Appleフリーク/FP/経営コンサルタント