オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

スペイン

3桁ワインの限界値的美味しさ。

ロボ ネグロ テンプラニーリョ カベルネ ソーヴィニヨン 2021

Lobo Negro Tempranillo Cabernet Sauvignon Lozano

参考小売価格:990円

産地:スペイン

品種: テンプラニーリョ90%/カベルネ・ソーヴィニヨン10%

購入元:タカムラワインハウス(楽天)

インポーター:タカムラ株式会社

タカムラワインハウスさんの激安セットから、あまり食指が伸びなかった1本。

なぜなら、安スペインの濃い赤ワインは頭痛ワインって思い込みがあるからです。

ワインの頭痛の原因って生体アミンだの酸化防止剤だの、その人の仕入れた知識によって身体が作用するので、安スペインの濃い赤ワインは頭痛がすると自分自身に刷り込んでしまっている以上、頭痛がしやすいワインなのは間違いないです。

コルクワイン開けるのが面倒なときに、サクッとスクリューキャップ開けて飲んでみました。

色調は身構えていたよりも明るめ、香りは果実が主役のピチピチ系。

飲んでみると、ヌーボー系ジュースワイン。

アルコール度数みると11%なので、完全にジュースです。

頭痛感ゼロのカジュアルでナチュラルなワイン。

安っぽさ全開ですが、ネガティブ要素もないので、スイスイ美味しくいただけます。

悪く言えば、これが3桁ワインの限界値的美味しさ。

こんなワインを飲んでおくと、週末に飲む2千円ワインがより一層美味しく感じれるでしょう。

本日の組み合わせ

食後の追い込みワイン

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Bランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com