オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ボルドー地方

ブルゴーニュ型ボトルのボルドーワイン???

ル・プティ・クルセル・レ・コパン /LE PETIT COURSELLE LES COP(A)INS

実勢価格:1700円

産地:フランス/ボルドー

品種:メルロー、カルベネフラン、シラー

購入元:エノテカ

見た目は薄めのルビーカラー、粘性も少なく、フレッシュ感が漂っている。第一アロマはいちごやラズベリー、少し木樽のニュアンス。アタックは優しめで、刺激が弱い部類に入るが、タンニンが程よく効いていて、酸味のバランスが良い。

複雑さよりは果汁味が強く、カジュアルテーブルワインの代表的な味わいといえます。

大衆レストランで美味しいグラスワインに当たった時のイメージをしてもらえればわかるかも。

説明にあった品種である、メルロ、カルベネフラン、シラーの個性が全く感じられないのは、ボトルのデザインから連想させるブルゴーニュイメージが払拭できないからなのか、終始ピノ・ノワールを飲んでいる気分になってしまう。

訳ありワインセールで購入しましたが、定価買いならちょっと疑問符がつくクオリティーかも。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート受験者向けサポートやウェブコミュニティを運営。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、2024年2月・ブログ2132記事、You Tube動画150本、Podcast205回、note177記事、電子書籍15冊、インスタ2千投稿超え。ネットでワインのことを語ってる発信者であり、一日中何飲むか何食べるかを考えているプロのワイン消費者です。お仕事のお依頼お待ちしております。