スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

ジュラ地方のうきうき感は異常

ドメーヌ・デ・キャヴァロド シャルドネ・ レ・ ルマシュール 2017

Chardonnay Les Lumachelles Domaine des Cavarodes

参考小売価格:3200円ぐらい

産地:フランス・ジュラ

品種: シャルドネ

購入元:三本酒店

インポーター:ディオニー

 ブルゴーニュやボルドーはよく聞くフランスの産地ですが、次にイメージされる地方も「シャンパーニュ」「ロワール」「アルザス」「ローヌ」と続き、今回のジュラ地方は一般的に馴染みのない地域といえます。

特に、ヴァンジョーヌ(黄色ワイン)やヴァン・ド・パイユ(藁ワイン)が名産となっているので、通常のスティルワインは影に隠れがち。

しかし、自然派ワイン界隈では幅広くたしなまれており、私の中でも好印象なワインが多いので、酒屋さんから入荷&特売案内のLINEが来た時に飛びつきました。

定価3千円オーバー。買値もそれに近いので、ライバル(比較対象)はACブルゴーニュ。

ハードル高めで飲んでみました。

9度スタートですが、香りは無し。

って言うのは言い過ぎですが、3千円ワインとしては残念レベル。鼻をグラスに突っ込んで思いっきりクンクンしてもメロンの風味がかすかに感じるレベル。

しかし、12度前後まで上がってるくとポテンシャルを少し発揮。

しょっぱ辛系の酸味主体タイプですが、不思議と尖った要素はなく、「癖のあるお茶」的な感覚で飲めます。

すなわち、食中ワイン。

ワイン単体で飲むにはアピール不足感は否めないですが、幅広い料理と合わせるといった意味で大活躍。

種類問わず癖のチーズなんかも合わせやすいですし、下手したら肉料理も違和感なく合わせれそうですよ!

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Dランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • 週末の豪華ディナー

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。