オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

フランス/ロワール地方

ロワール地方の良質カベルネフランが千円台で味わえたよ。

アンジュ ルージュ ラ シャペル カベルネ フラン ヴィエーユ ヴィーニュ 2016

Anjou Rouge La Chapelle Cabernet Franc Vieilles Vignes 2016

参考小売価格:1700円

産地:フランス・ロワール・アンジュー/トォワルセ 

品種: カベルネフラン

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

ロゼをビンテージ違いで飲んだロワールの名手「シャトー ド フェル /Chateau de FESLES」のエントリーライン。

実売価格千円台前半で、ロワールのカベルネフランの風土をしっかりと感じられる超激推しワイン。

若いカベルネフランは青野菜的な要素があり、好みが大きく分かれそうですが、このワインはカベルネフランの苦味や渋みがしっかり現れているのに、香りが甘めなのでバランスが綺麗でスイスイ飲めちゃいます。

樹齢の長い樹からとれたとされるヴィエイユ・ヴィーニュ(Vieilles Vignes)表記も、予備知識として入れていれば味わいに深みが増します。

ボリュームは中程度よりもやや強め、甘さ→渋みと流れ、余韻では心地良い酸味がアフターにかけて伸びていきます。

カベルネフランの単一品種はあまり売り場で見かけないので、数多く飲んでいるわけではないですが、現状では庶民の殿堂入りカベルネフランに認定です。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):47点

生産地:4点

アロマ :6点

バランス :8点

余韻 :6点

複雑性:7点

買いやすさ:3点

主観:10点

総合得点:91点

庶民のマリアージュ

シンプルに塩胡椒のみで味付けしたUS産のステーキ

↓当研究所が現在オススメしているワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com