オープンキャンペーン&スタッフ対決は要チェック!
ドイツ

体感プルミエクラスの破壊力。

クエルクス アレンドルフ 2016

Allendorf Quercus Pinot Noir 2016

参考小売価格:5000円

産地:ドイツ・ラインガウ

品種: シュペートブルグンダー(ピノ・ノワール)

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社都光

「CAVE de L NAOTAKA」の看板セットと言える「ちょっと良い赤1白1泡1のバラエティ3本セット」の第5弾ぐらいに入っていた1本。

たしかツイッターで、店主さんが、「これはやりすぎた(安くしすぎた)」とつぶやき、ツイ民が一斉に飛びついたセット。

購入は8800円でしたが、3本の合計定価はたしか16000円ぐらい。グラン・クリュシャンパーニュ、1級ブルゴーニュに加え、今回のドイツピノ・ノワール。

この「アレンドルフ」は、都光さんが輸入しているドイツワインの代名詞といってよい程セットワインへの導入率が高く、企画者の自信が伺える生産者。

そして、このクエルクスは、ドイツのNO1ピノ・ノワールと評価されていると書いていたので、ただならぬ期待を込めて呑んでみました。

初日はざわついた心境で飲んでいたため、定価5千円クラスの破壊力は無いと、ラザニアと合わせてカジュアルに楽しんでいましたが、後日マインドフルネステイスティング(全集中の呼吸みたいな)した時に本領発揮。

優しい口当たりで柔らかなボディー感なのに、香りから余韻にかけてのグラデーションが広く深い。

赤ベリー系を主体として、複雑な要素が絡み合った香りは、グラスを回すたびに変化が伺えます。

口に含むと「空気を吸ったかのごとく引っかかりがない」液体に、まるで有名生産者の1級ブルゴーニュを飲んだ時と同じような幸福感に包まれました。

第一印象で「ぬぐぐっ」って感じても、高ワインなら大化けしちゃうから注意が必要ですね。

この満足度をブルゴーニュワインで体験しようとすると、8千円〜1万円はしそうですよ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):15点

生産地:4点

アロマ :8点

バランス :10点

余韻 :8点

複雑性:8点

買いやすさ:3点

主観:10点

総合得点:66点

庶民のマリアージュ

集中してワインと向き合うべき!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。