スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
・テイスティング日記

日本シャルドネ、日本食にピッタリ。

【楠わいなりー】パッサージュ・ブラン 2017

Kusunoki Winery Passage Blanc 2017

参考小売価格:税抜2500円ぐらい?

産地:日本・長野

品種: シャルドネ

購入元:nagano base shop

製造元:楠わいなりー株式会社

Podcastのナレーションを担当していただいている丸山綾音さんが運営するワインショップ「nagano base shop」から購入した1本。

以前紹介した楠わいなーりーさんのオレンジワインがとても気に入ったため、多少高価には感じましたが勇気を持って購入してみました。

飲んでみた感じは、気に入っていたオレンジワインの延長線上にあったのですが、なにか求めていたシャルドネとは違い、ズレといいますか、「あっ、こう来ましたか。」と一歩引いた目線で飲み始めます。

端的に言えば、食事との組み合わせ有りきで楽しめる「極辛口タイプ」。

切れ味鋭く、苦味も効いており、ワインに合わせにくい日本食を大概カバーできそうな受け皿を持ち合わせています。

当研究所としては、ロゼやオレンジならそういった方向性で満足できるのですが、3千円近いシャルドネとなると、もう少し説得力がほしい所。大満足のオレンジより千円高価ですからね。

とはいいつつも、現在は公式ショップも綾音さんのショップでも現在ソールドアウト。人気があるワインみたいですよ。新ビンテージでたらまた試してみよっかな。

https://naganowine.base.shop/items/43430220

https://www.kusunoki-winery.com/shop.php?code=124

日本ワインってフィルターを通すと「高っ」ってなりますが、シャブリあたりと比べてあげると納得できるラインなのかも。

本日の組み合わせ

前菜的なサラダと合わせましたが、天ぷらや刺し身のような「普段ワインと組み合わせるのに難しい食材」と1本通しで試してみたかったです。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な定価

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。