オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ギリシャ

好印象ギリシャワインを初めて買ってみる。

キリ・ヤーニ キュヴェ・スペシャル ブリュット

Kir-Yianni Cuvee Speciale Brut Sparkling

参考小売価格:2100円

産地:ギリシャ/ノーザングリース/マケドニア

品種: クシノマヴロ主体

購入元:かめや

インポーター:モトックス

キリ・ヤーニ キュヴェ

輸入会社であるモトックスさんのトップページから、ワンクリックでたどり着けるページで大きく紹介されていたワイン。

日本のファンの皆様のご要望に応えて登場!「クシノマヴロ」を主体にした辛口スパークリング「キュヴェ・スペシャル ブリュット スパークリング」

https://mot-wine.mottox.co.jp/new_wine2/kiryianni_sp.html

そもそも、「クシノマヴロ」たる品種のワインも飲んだことなければ、ギリシャワインを自分で買うのも初めてなのですが、ギリシャ産のスパークリングワインはレストランで味わった時は好印象。販売ページの気合の入れ方も相待って、期待値を高く見積もりテイスティング。

1杯目はあえてスパークリング用のグラスではなく、通常のテイスティンググラスで味わいましたが、泡の少なさと、アルコールの苦味に嫌悪感を抱きます。一言で言うとダラシのない味わい。

スタートの温度は9度から飲み始めたので、2杯目はボトルを冷蔵庫で冷やし直し(約1時間)、フルートグラスで再チェック。

結論から言うと、味わい的には平均的な千円スパークリングの領域から脱していない満足度。炭酸は少なめで、口の中で一度液体を噛むと泡が消えるレベル。

フルートの口狭グラスでは、フルーツ要素主体でアオリンゴ、レモン、グレープフルーツを感じる。苦味と酸味メインで、余韻に心地よい甘味。

嫌な甘さは無いので、違和感なく飲むことはできますが、濃厚系を期待すると肩透かしを食らう「フレッシュでライト」なスパークリング。

ギリシャって希少アドバンテージを考慮すると値段相応の許容価格にはおさまっているかと。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):44点

生産地:3点

アロマ :4点

バランス :5点

余韻 :5点

複雑性:5点

買いやすさ:3点

主観:3点

期待値が高すぎ分、落胆が大きかったのが原因。

総合得点:72点

庶民のマリアージュ

レモン汁を絞って食べる系料理は全部合いますが、具体的に提案していくと、

  • ケンタッキーフライドチキン
  • フィッシュ&チップス
  • マルゲリータ
  • 春雨サラダ
  • アスパラベーコン

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com