家飲みワインの強い味方
令和は業務用ワインをオンラインで
ドイツ

冷蔵庫で存在を忘れられていた1本

カール・ハイドル リートリング リースリング トロッケン

Karl Haidle Ritzling Riesling trocken

参考小売価格:2480円

産地:ドイツ・ヴュルテンベルク

品種: リースリング

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社イズミセ

今年の1月末に購入していたドイツナチュラルワインセットに含まれていた1本。

リースリングの細長ボトルが冷蔵庫デッドスペース的な隙間にすっぽり収まっていたので、存在をすっかり忘れておりました。

定価2千円以上のドイツリースリングは、比較的味わいが安定(似ている)しているので、良い意味で肩肘張らず飲んでみました。

冷蔵庫温度では流石に香りは取れず、グラスを手で温めながらゆっくり飲みましたが、ポテンシャルを発揮しだしたのは1時間後。

フルーツの要素よりは、コンクリートとかミネラルとか花とか、一般的にわかりにくい香りの要素の集合体で、余韻にかけて柑橘の白い部分や桃の皮的な苦味要素が楽しめます。

ボディーは厚めで酸味もしっかり。

ボトルの底には大量の澱が存在しており、圧倒的自然派ワイン感に納得するのであります。

テンプレート的なリースリング要素は感じにくいですが、飲んでいてリースリングだとはっきりわかるので、なんだか不思議な味わいでしたよ。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Cランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • リースリングが無性に飲みたくなった時

このグラスを進める理由はポッドキャストで!

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。
秋冬にぴったりのカジュアルワインセット

令和は業務用ワインをオンラインで仕入れる時代