スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランスその他

甘口と思って飲んだら辛口

シャンヴィーニュジュランソンセック 2019

CHANT DES VIGNES JURANCON SEC

参考小売価格:2100円

産地:フランス・南西地方・ジュランソン

品種: グロ・マンサン 70%/カマラレ 30%

購入元:かめや

インポーター:モトックス

南フランスの甘口ワインの有名AOCジュランソンですが、実は「セック」が語尾につく「ジュランソン・セック」は辛口のAOC表記。

そんな知識も乏しく、「ジュランソン」ってネーミングと「セック」って響きから甘口ワインと思って飲んでしまいました。

タイミング的にアイスクリームやチョコレートのようなデザートを欲して食べてみたのに、実際はキムチだった感じです。

完全に知識不足が招いてしまったミスマッチですが、知ってる人からすれば失笑ものの失態。

もちろんその日はギャップから勝手に地雷ワイン認定の烙印まで押していましたが、冷静になって一晩反省したあと飲むと「まぁまぁイケる辛口白ワイン」

グロマンサンって品種は馴染みがないどころか、主体品種だと初めて飲むのですが、どことなくボルドーのソーヴィニヨン・ブラン系の味に似ています。

グレープフルーツのような柑橘系を主軸としながら、切れ味抜群のドライテイスト。酸味と苦味のバランスが整っていて、前菜や昼飲みにピッタリの1本。

ただ、千円台前半の新世界ソーヴィニヨン・ブランと比べると割高感あるので、「ジュランソン」ってネーミングにテンションが上がらない人は、首を傾げそう。

庶民のワインランク(詳細

S 品種特性が理解できる、値段も割安

A 好みはあれどイチオシ

B 定価で買ってても満足

C 購入価格的には満足

D もう少し安く購入できていれば納得

E 味わいの満足感に対して割高な値付け

F 値段の問題ではなく、単純に好みじゃない

今回のワインは:Eランク

このワインを最大限に楽しむシチュエーション。

  • NPBデーゲームを家で観戦しながら
  • 夕飯抜くこと前提で夕方からお菓子パーティー
  • ダイエットメニューの晩酌

1本2千円単価で最強のワインセット↓

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。