オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

・テイスティング日記

アフリカーさんのピックアップワイン

ジュリアンスカール・マウンテンヴィンヤーズ・ピノノワール 2021 

 Julian Schaal Mountain 

参考小売価格:2860円

産地:南アフリカ

品種: ピノ・ノワール

購入元:アフリカー

インポーター:株式会社マスダ

シャルドネにも言えることですが、ピノ・ノワールはブドウ品種の中で一番好きでもあり一番嫌いでもあります。

安価で何処の国でも栽培されているので、売り場でもよく見かける反面、振れ幅が大きい品種でもあります。

そういった意味で、ピノ・ノワールは記号(原産地呼称)や知名度(人気生産者)がないと選べなかったりします。

今回のピノ・ノワールは南アフリカ専門店のアフリカーさんのサイトで売れ筋に上がっていたピノ・ノワール。

南アフリカワインフリーク御用達のショップでピックアップされているのだから間違いないと、少々お値段勇気いりましたが、大船に乗った気持ちで飲んでみました。

まず、香りから度肝抜かれます。2千円台じゃありえない「エレガンス」

「これこれ、こんなピノの香りを求めてたんだよ〜」と、クンクンクンクンしちゃいます。

口当たり優しくフワッと消える。

後味のタンニンがまたいい仕事してるんですよね〜。

ただ飲みやすいだけのピノ・ノワールはジュースと同類なのですが、ファーストアタックから余韻までのグラデーションが楽しめるので「本格ピノ・ノワール」と自信を持って言えます。

庶民のピノ・ノワール難民や、ピノ・ノワール初心者に激推の1本ですぞ。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Sランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com