スタッフ対決は要チェック!
イエノミライフの味方
フランス/ブルゴーニュ地方

シャブリらしいシャブリを造る男らしい、、

シャブリ ジャン クロード エ ロマン ベッサン 2018

Jean-Claude et Romain BESSIN Chablis 2018

参考小売価格:2600円

産地:フランス/ブルゴーニュ/シャブリ

品種: シャルドネ

購入元:かめや

インポーター:ラックコーポレーション

Jean-Claude et Romain BESSIN

久々の正統派ワイン(フランスの格付けワイン)はシャブリをチョイス。

今までシャブリを買うときは「シャブリセット」「福袋混入」「セール品」「激安品」のキーワードを重視していたため、生産者買いなんて行為は行っていませんでした。

すなわち、自分で買ったシャブリで覚えている生産者は数少なく、せいぜい

「ウィリアム フェーブル」や「オリヴィエ・ルフレーヴ」と言った超メジャー生産者ぐらいしかパッと答えられないのです。

そんな知識ゆえに、マニアックなブルゴーニュ通に遭遇した時には、フルマウンティングをとられ、会話が全部フランス語に聴こえることも少なくありません。

その打開策として、ブルゴーニュをメインで取り扱いしている輸入会社ラックコーポレーションさんのラインナップから購入することにし、生産者名簿の上から順番に選んでいく事で取りこぼしを防ぐ作戦にでました。

そして初回から覚えるのが大変な「ジャン クロード エ ロマン ベッサン /Jean-Claude et Romain BESSIN」とながーーーーい、覚えにくいお名前。手前味噌ですがジャンクロードで覚えることにしました。

キャッチフレーズは、フィネス、フローラル、ミネラル シャブリらしいシャブリを造る男

ジャン・クロードは自身の目指すワインのスタイルを「フィネス、フローラルさ、ミネラル感」といっており、事実、どのキュヴェもシャブリのエッセンスが詰まった、フローラルな香りとミネラルを感じさせる、繊細なスタイル。とくに貝類を使った刺し身や寿司にはピタリとはまる。

https://order.luc-corp.co.jp/shop/g/g10102251906/

横文字多めの模範的な輸入元の記述を参照にしながら、シャブリらしいとは何なのかを明確に語源化できるよう挑みます。なので、当研究所では今回シャブリをスタンダードなシャブリの指標にさせてもらうことにしました。

飲み始めの温度は9度。香は弱めですが、柑橘主体で小難しいアロマ。飲んでみると、濃厚で苦味と硬水のような硬さを感じます。貝殻や磯のミネラルの風味と辛味を感じるスパイス要素が極辛口と評しても良いぐらいドライなワイン。

まぁ端的に言うと素人は手を出すべきじゃないワイン。

逆に言えば、味覚がワイン舌になっていれば、温度変化と共に入り乱れる様々な要素に面白みを感じずにはいられません。

悔しいですが、やっぱ高ワインうんまぁですわ。

庶民のワインポイント 

(採点基準はここをクリック)

値段(小売):39点

生産地:4点

アロマ :7点

バランス :7点

余韻 :6点

複雑性:10点

買いやすさ:3点

主観:8点

総合得点:84点

庶民のマリアージュ

幅広い魚介類の洋食調理ものに合いますが、一般庶民クラスはじっくりワインと向き合いながら飲むべし。

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO 国際大学IPU国際総合学部国際環境学科を卒業後、廃棄物の再資源化を目指す企業へ入社。10年ほど業界に 関わる仕事をする傍ら、リユース事業へ着目し独立。シリアルアントレプレナーへのあこがれで事業を仕組み化し売却。 誰も思いつかなかった仕事を生み出すことをモットーに、現在はワイン消費家として事業を展開。ソムリエやワインエキスパート合格をサポートするワイン塾の経営や、ワイン好きな地方従事者向けのウェブコミュニティを運営。 自身がプロデュースするポッドキャスト番組「ワインの授業」はカテゴリーランキング最高2位を記録。万人受け頑固拒否の尖った内容で、業界に風穴を開ける。 自身が陥ったアルコール依存や精神疾患の体験を基に、巧みなSNS戦略で「教育」「社会福祉」「起業支援」を軸に活動中。