フランス/ブルゴーニュ地方

謳い文句は「村名に匹敵」、実際は「村名を超えてる」。

ドメーヌ・ルシアン・ミュザール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 

Domaine Lucien Muzard Bourgogne Pinot Noir

参考価格:3132円

購入価格:2218円(タイムセール&まとめ買い割)

産地:フランス/ブルゴーニュ

品種:ピノ・ノワール

購入元:フィラディス

インポーター:株式会社フィラディス

村名を超えているは少し言い過ぎましたが、正確には、

「どこの村かにもよりますわね。」

ヴォーヌロマネ村!なんかにかなうわけないし、マコン村だと範囲広すぎるし、、、

マルサネ、フィサン、ジュヴレ=シャンベルタン、、、、

まぁ、そんなウンチクは置いておいて、このワイン、好きです。

普段飲む時は、グラス4つ並べて飲み比べするのですが、このボトルだけ異様に消費スピードが早く、他ボトルが進まない、進まない、、、、。

もちろん、ピノ・ノワール愛飲家としての贔屓目フィルターがかかっていますが、逆に、ピノ・ノワールを飲み慣れている味覚で味わっても、合格点だということ。

フィラディスさんのピノ・ノワールは以前紹介した『フィリップ・ジャノ ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 」がありますが、このワインはキャラが全く違います。

「フィリップ・ジャノ」はフレッシュな果汁味を前面に出しているワインでしたが、今回のルシアン・ミュザールはズバリ血の味。

しかし、血は血でも、雨の日の鉄棒が錆びたような年寄りの血ではなく、「牛肉のたたき」から滴り落ちた旨味成分たっぷりの血。

そんな野生感を持ち味としながら、果汁感やフレッシュさも兼ね備えており、飲み手を選ばない万能型タイプ。

正直なところ、感動するほどの味わいかと問われると否ですが、2千円台前半と考えると、ランチ2食分我慢して買いたいクオリティであります。

個人的にエチケット(ラベル)がチープ感を漂わせており、嫌な感じがしておりましたが、飲み終えた今、そのエチケットは輝いて見えます。

ABOUT ME
たいがくん
たいがくん
所長:たいがくん(35)/年間個人消費500本以上のワイン中毒者/ブラインドテイスティングコンテスト日本一を目指しています。/ソムリエ協会認定講師/ポッドキャスター/弱小フリーランス→投資家(目標)/毎日更新のテイスティング日記/水曜配信のネットラジオ/コラボやお仕事のオファー受付中 /Apple狂信者/通販マニア