オンラインワイン会も開催中

※ 庶民のワイン研究所は、アフィリエイト広告およびブログ広告による収益を得て運営しています。リンクからの購入により売上の一部が本サイトに還元されることがあります。

ドイツ

うぉおおお、こんなワインに出会いたかったんだよ

グラウアーブルグンダー カルクメルゲル 2019 フリードリッヒ ベッカー

Grauer Burgunder Kalkmergel Friedrich Becker

参考小売価格:4070円

産地:ドイツ・ファルツ

品種: グラウアーブルグンダー(ピノ・グリ)

購入元:CAVE de L NAOTAKA(楽天)

インポーター:株式会社イズミセ(並行輸入)

注いだ瞬間、テンション上がりましたね。

色調が完全にオレンジワインです。見方によってはロゼワインです。

ピノ・グリは果皮が黒ブドウに近いので銅色っぽい白ワインではあるものの、ここまで色のでてる「白ワイン」はなかなか出会えません。

飲んでみても「ワインランク上の」オレンジワインやロゼワインっぽさがあり、フルーティーな要素と果皮の苦味が絶妙に交わり合っています。

「繊細で上品なワイン」ってなかなか出会えませんからね。

今年飲んだワインで一番好きな味かもしれません。

説明読む限りでは自然派謳ってないですが、そのへんのなんちゃって認証マーク付いているワインよりよっぽどナチュール感があります。

定価4千円も納得のクオリティですぞ。

冷涼系、ナチュール好きにぜひとも味わってもらいたいちょっと癖のあるワインです。

本日の組み合わせ

庶民のワインランク(詳細

今回のワインは:Aランク

ABOUT ME
井原大賀
1984年 高知生まれ Grape Japan 合同会社 CEO ワイン系YouTuber。日本初のPodcastワイン番組をプロデュース。令和以降アマゾンで日本一読まれているワイン電子書籍の著者。年間40万ml以上ワインを飲む本物のワインガチ勢が語る再現性の高いワインライフ。お仕事のお依頼、コラボ、PR案件お待ちしております! info@grapejapan.com